入浴後マッサージ

入浴後は体が温まっており、このときにマッサージをするとマッサージの効果が高まります。マッサージをすると老廃物の排泄が促され、むくみが解消します。まずは太もものつけ根にあるリンパ節を刺激します。ここを刺激しておくと巡りがよくなります。

ひざを軽く曲げた状態で床に座り、両手で脚を包み込んで、ひざ下から腿のつけ根に向かって優しくなで上げます。ももの内側、外側、裏側と左右5回ずつ行いましょう。ひざの裏にはリンパ節があり、ここを刺激して流れをよくします。親指以外の4本の指をひざ裏に当て、10回上になでます。左右どちらも行ってください。
ふくらはぎは足首からひざ下に向かってなで上げます。左右5回ずつ行います。足首を回して足首周りの巡りをよくします。足指の間に手の指を入れてつかみ、時計周り、反時計回りに左右5回ずつ回します。今度はこれを逆の順番で行います。ふくらはぎ、ひざ下、太ももの順番で同じようにマッサージをしましょう。

マッサージをするときに強い力を加える必要はありません。力を加えると血管を傷つけてしまうので、優しくマッサージしてください。マッサージオイルやクリームを使うと、手が滑りやすくなってマッサージをしやすいです。むくみをその日のうちに解消しておくと、セルライトができにくくなります。
脚やせのコツはエステサロン「リフィート」の公式フェイスブックなどでも情報を集められます。脚やせの専門エステなので、参考にしてみてください。

お風呂でエクサ

入浴している女性のイラストお風呂ではどのように過ごしていますか。
お風呂タイムを有効に活用して脚やせができます。
入浴中は体が温まったり、水圧の影響で血液やリンパの流れがよくなっています。
巡りがよくなることで代謝がアップします。
汗をかくことでたまっていた老廃物が排泄されて、むくみの解消にもなります
半身浴をするだけでもダイエットにつながる効果がありますが、ここにエクササイズを加えることでさらにダイエット効果が高まります。
水の抵抗があるため負荷が大きくなり、陸上でエクササイズをするよりも高い効果を得ることができます。

お風呂の中でできる脚やせエクサがバタ足です。足をバタバタさせるだけです。ただお湯に浸かっているだけでも血液とリンパの流れがよくなりますが、脚を動かすことでさらに巡りがよくなります。浮力で重力が10分の1になっているので体への負担は少ないですが、水圧でエクササイズの効果が陸上よりも高くなります。

お風呂からでるときはぬるめのシャワーを浴びてクールダウンします。汗をたくさんかくので脱水症状にならないように、入浴前後には水分補給をしっかりしてください。水分補給をしておくことで体内の老廃物の排泄がよくなります。体を冷やさないように常温の水を飲みましょう。

脚やせしたいなら

脚が太くてミニスカートをはけない、こんな悩みがありませんか。食事制限をしても脚だけ細くならなかったり、運動を頑張ると筋肉がついて筋肉太りしてしまうこともあると思います。脚が太くなる原因には脂肪とむくみがあります。

食べ過ぎれば摂取カロリーが多くなり、消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなれば脂肪として蓄積します。食べていないつもりでいても、ちょこちょこお菓子をつまんでいたり、明日からダイエットしようと飲み会や女子会でたくさん食べていることが珍しくありません。ヘルシーだからとサラダを食べていても、サラダに大量にドレッシングをかけて、ドレッシングでたくさんのカロリーを摂っていることもあります。

下半身はむくみやすい部位です。重力の影響で水分がたまりやすくむくみます。女性の場合は男性よりも筋肉が少なく冷えやすいため、男性に比べてむくみやすくなっています。むくみは食事制限では解消できないため、食事制限を頑張っても脚やせは難しいです。むくみを解消して脚やせを実現するには、むくみを招くような食事内容の見直しと巡りをよくすることがポイントです。

食事では塩分を控えて、塩分の排泄を促すカリウムを摂るようにします。カリウムは野菜や果物に多く含まれています。巡りをよくする方法には入浴、エクササイズ、マッサージなどがあります。どれも自宅で簡単に行えるものばかりです。続けることでむくみにくい体になり、自信をもってミニスカートをはける脚になります。